趣味いろいろの戯れ
OZ(オズ)さん

2017/03/20 06:01

杜の都合奏団第6回コンサート 2017.3.12

 

3月12日は、 杜の都合奏団 第6回演奏会 に行ってきました。

杜の都合奏団は仙台の新しい管弦楽団で、年2回演奏会を開催しています。そして、まだ

有名でないということで、入場料はワンコイン500円です。仙台にはプロの仙台フィル

ハーモニー管弦楽団があって、こちらは約4千円でしょうか。それより格下の仙台ニュー

フィルハーモニー管弦楽団は千円です。すごく分かりやすいですね。

この日の会場は、私にとって始めての仙台市太白区文化センターの楽楽楽(ららら)ホー

ルです。650席程度のホールですが、1・2・3階の横席があるのが特徴ですね。

この日のプログラムですが、私の目的は ブラームスの交響曲第1番 です。

この曲はベートーヴェン交響曲10番とよばれることがあります。古典派のベートーヴェ

ンが亡くなって時代はロマン主義派になっていたのに、ベートーヴェンの正統な交響曲を

継承して作曲されていること、それと、最終楽章の後半にベートーヴェン交響曲第9番の

あまりにも有名な「歓喜の歌」とそっくりなメロディーが現れるからではないでしょうか。

ブラームスは、しっかりペートーヴェンに対するオマージュを込めて作曲したのだと思い

ます。

演奏会は期待した通り素晴らしかったし、アンコール曲はドヴォルザークのスラブ舞曲第

10番で、これもとても良かったです。

 

コメント(2)

コメントを書く
ログインしてコメントしよう!

    2017/03/20 11:04
    OZ(オズ)さん

    イッコちゃんさん

    杜の都合奏団はよそも掛け持ちのメンバーでまだ実績がないので、今のところワンコインでやってくれています。
    イッコちゃんさんもお好きな曲だったようですが、私なんかはルンルン気分で行ってきました。

    2017/03/20 08:50
    イッコちゃんさん

    え!!これがワンコインですか!!
    大きいホールではないから収入はいくらもなかったでしょうね・・。
    それでブラームス1番を聴いたなんていいなあ~。ドヴォルザークのスラブ舞曲も大好きです。

OZ(オズ) さんのブログ記事一覧を見る