おかちゃん日記
おかちゃんさん

名物は らっきょう


2016年12月5日 7:00 京都駅

京都観光を終えて次の目的地である鳥取県に移動します。

天橋立や舞鶴を訪問したので、
そのまま日本海側を山陰線で移動すればいいかと思いましたが、
時刻表を調べると かなり時間がかかり、山陽本線経由の方がずっと早いのです。

 


JRと相互乗入れしている「智頭急行」という第三セクター路線を経由。
いよいよ鳥取県に入ります。 (写真は智頭駅)
 

 


鳥取と言えば、なんと言っても砂丘ですね。
バスに乗って20分ほどで鳥取砂丘に到着。

 


バスを降りると砂丘入口は目の前。
さあ、どんな感じでしょうか。

 

 


広いですねぇ。東西の長さは16kmあるそうです。
奥に見える山のような部分は「馬の背」と呼ばれていますが、
歩いている人が あんなに小さい。結構な距離だなあ。


お、ラクダがいるぞ!  観光客の記念撮影用ですって。
ラクダだけ撮影するのも有料だそうです。

えぇい、遠くからパチリ…(笑)

 


馬の背はけっこうな高さです。
砂に足が取られて、歩くのがしんどい。


振り返れば オアシス~。

 


さあ もう少し。
馬の背に上ってみれば・・

 


青々とした日本海が広がっています。
この季節、日本海側は天気がドンヨリしたイメージですが
スッキリ晴れて本当に良かったぁ。

 


お昼は砂丘会館で


鳥取県のカツ丼もおいしかったですよ。 ほほほ

 


鳥取県の名物は 二十世紀梨と「らっきょう」
売店には様々な らっきょうが並びます。
黒酢らっきょうと、梨酢らっきょうを買いました。

 

 


鳥取砂丘から鳥取駅まで戻るバスを途中下車。
鳥取城址がある久松山です。
城は明治時代に取り壊され、現在は久松公園として整備されています。


前の写真中央にあった洋館は「仁風閣」といって
明治時代に旧鳥取藩主池田仲博侯爵の別邸として建てられた物。
大正天皇が皇太子時代に山陰行脚の際、宿泊施設として使われたそうです。

この日は残念、休館日でした。


うさぎ お~いし か~の~や~ま~♪
唱歌「ふるさと」を作曲した岡野貞一は鳥取県出身。

石碑右手前の機械のボタンを選んで押すと、さだまさしや
EXILE ATSUSHI、安田祥子&由紀さおりなど
様々なアーチストの歌声が流れる仕組みです。

聴かなかったけど・・


 

 

 


公園から鳥取駅まで ぶらり歩きます。

平日月曜日とはいえ、閑散としたアーケードが寂しいなあ。
全国各地の地方都市に行きましたが、アーケード街はどこもこのような感じ。

 


最後の目的地である島根県に移動します。

京都から大阪、兵庫経由で鳥取、島根まではかなり遠い。
今夜泊まる出雲市到着は17時予定なのでした。

 

つづく

コメント(4)

コメントを書く
ログインしてコメントしよう!

    2016/12/10 22:31
    おかちゃんさん

    ちびととさん

    カツ丼好きの私にとって、各地の食べ歩きは重要ですからね~。えへへ

    鳥取のアーケード、時間帯や曜日によって賑わいがあるなら、それはそれでいいのですが、どうなんだろうなあ。

  • 2016/12/10 21:10
    ちびととさん

    こんばんは。
    鳥取のカツ丼も堪能されたんですね。
    アーケード街は雨や雪が降っても傘はいらないし、足元を気にせずに歩けるから私は好きです。バスや徒歩、サービス券を出してくれるお店もあったので、車の日は商店街の駐車場にとめて利用していたなぁ。

    2016/12/10 20:41
    おかちゃんさん

    みちおさん

    砂丘に行く前は「普通の砂浜が大きいくらいだろう」と思ってましたが、実際に見ると迫力があり、とても見応えがありました。

    日本全国、従来の街の中心部よりも車で行ける郊外の集客施設が賑わうようになりましたね。どうにかならないかなぁと気がかりです。

    2016/12/10 19:42
    みちおさん

    こんばんは。
    鳥取砂丘はやっぱりすごいですね。歩けば果てしなく歩く感じですね。私だったらどこかで遭難するかも。
    そういえば鳥取のらっきょうも、大粒でおいしいんでしたよね。らっきょう漬けの時期になると仙台でも鳥取産が売っていましたね。市販のらっきょう漬けになるとほとんど中国産のらっきょうですけど、もっと鳥取の漬け物屋さんも頑張って欲しいな。
    鳥取駅前のアーケードは残念な感じですね。仙台もいずれはこうなるのかなあ。
    明日はいよいよ出雲大社ですね。

最近のブログ記事

おかちゃん さんのブログ記事一覧を見る